« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

宅急便。

Img_2323

箱が届いた。
何も買った覚えもないし、ぼくにこんな大きなものを送ってくる人も思い浮かばなかった。

開けたらぎっしりポジが入っていた。
2年分のフジロックや朝霧ジャムやナチュラルハイのフィルム。
ざーっと見てたらスゲー懐かしい気分になった。
いっぱい撮ったなあ。


Img_2326


その後、ポストをみたら手紙が。
以前取材させてもらったおじいさんに写真をあげたら、丁寧にお礼の手紙をくれた。

こんな達筆な手紙を初めてもらった。

どうやら雑誌に出たことで、山で声をかけられるようになったらしい。
今年は富士山に145回登ったそうな。
ぜひギネス記録を達成していただきたい。

写真を撮る仕事はいろんなものを残します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

新ユニット。

Img_1920

今日はぼんやりと仕事のメールを待っていたけど、来なかったので夜にやろうと心を決めて出かけた。

資生堂ギャラリーの津田直展と、テルメギャラリーのStairAUG展。

資生堂ギャラリーは昔から大好きなギャラリーであります。
とくに入り口の照明が。
津田さんの写真も美しくてよかった。

津田さんは何年か前に川崎の美術館のグループ展に参加していて、ぼくは友達と一緒だったんだけど行きのバスが一緒だった。
バスの中で「チケットありますか?よかったらあげますよ」と招待券をいろんな人にあげていた。
いい人だなあ、と印象深い写真家さんでした。

テルメギャラリーは、なにより集まる人達がみんなナイスガイなので好きです。

展示に参加していた、キムライヘイ賞(写真界の芥川賞と呼ばれています)作家の岡田先生と新ユニットを結成いたしました。

Img_1923

オカ男爵。

岡田さんはキムライヘイ賞を受賞したときの祝勝会で初めて会ったのですが、その時ご実家から(北の国から)カニやらホタテやら素晴らしい食材を送っていただきそれを振る舞って下さいました。

言葉がだんだん変になってきたけど、とにかく、ぼくはごはんをくれる人が大好きなんです。

そんなわけで、ぼくは今日からオカ男爵としてがんばっていきたいと思います。

Img_1924

髭男爵ネタはいつくらいまで使えるのだろうか。
なんかだんだん顔が違うものになってきた気がしますがー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月27日 (月)

AとB、もしくは神様とピッコロ。

2


ぼくは日頃から仕事と並行して、作品(って呼び方はあまり好きじゃない)を作っています。

少し前までは、自分が本当に撮りたいものが何なんだかハッキリと分らなくて、とりあえず目に入った気になるものをひたすら集めていました。
迷った時は頭を働かせるより、手を動かした方が答えに近づきやすい気がします。

そうやってぼくの手元には、いろんな写真がたまっていきました。

そんな時、赤々舍の姫野さんに出会いました。
姫野さんは会って10分くらいで「本を作ろう」と言いました。
ぼくは「よく考えて下さい」と言いました。
姫野さんがぼくの雑多な写真の中に何を見たのか、その時ぼくにはよく解りませんでした。

その後、何度か写真をはさんで話をするうちに、それがズドンと理解できました。それは言葉によるものじゃなくて写真のセレクトによって。

それは大事に少しずつ時には覚悟をもって向き合うべき、ぼくの苦手分野でした。

そして写真がバキンと2つに割れました。

AとBに。
神様とピッコロが分裂したように。
純粋なものと雑多なものに。
大切だけど大変なものとふざけてるけど手間のかかるものに。

やっと見つけた気がしました。

ぼくはもともとアップとダウンの差の大きい人間ですが、それはそのまま受け入れようと思ったんです。

真剣に長いスパンで何かと向き合い続けるには、同じくらいの息抜きも必要だと。

そんなわけで、Aは自分にとって本当に大切なものってなんだろうと思いながら作っています。
そんで、Bはぼくの友達を楽しませようと作っています。

両方とも自分の作りたい物だとハッキリ思える写真です。
そういうのは、とてもスッキリした気分です。

Bはこの後どうしようかなぁと思っていたらこういうのがあったので「虹のでるカメ(ラ)」のブックとして送り込んでみました。
よかったら見てみて下さい。

さて、どうなることやら。。。


02


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

今日のお鍋。

Img_2055

今日はスペインとポルトガルの鍋。
これで一山超えました。

あと残りはふた山くらいかなぁ。
満腹すぎて頭が働きません。

なんだか楽しい本になりそうであります。

世界のお弁当も好調なようだし、今回もいい感じに出来上がりそうだなー。

Img_2150

このごろ足の調子がだいぶいいのは、いろんな鍋でコラーゲンやコラーゲンを大量摂取したからに違いない。きっとそうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

時間の無駄。

休みの日にはゴロゴロダラダラ、気づいたら夕方。
そういうのは、ぼくはけっこう好きです。

Img_9306

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

ぶるーたす。

今日はフォトグラフィカという雑誌の撮影でブルータス編集部に行った。

雑誌や本にはいろんな作り方があるんだなと、勉強になった。
ムックって選択肢の効能ってそういうことなんだなあ、とか。

話を聞いていて篠山紀信さんがまた好きになった。

明日も鍋だ。
ねむい!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

今日のお鍋。

Img_1876

Img_1885

今日撮影したネパールの鍋はとてもかっこよかった。

ゴツン!!って感じが素敵。
空飛びそう。変型して戦いそう。

世界には本当にいろんな鍋がある。
鍋の形状も味付けも、作る人間も全然違っておもしろい。

Img_0812

ぼくはずっと食に対しては無頓着だったのだけど、ちょっとばかり興味がわいてきた。

どこの国の鍋も、みんなで食べているとなんだか幸せなような気分になるから好きであります。


Img_1912

情熱大陸にブックディレクターのハバさんが出ていた。
ハバさんは毎日新聞の仕事で、家でスパゲティーを作ってもらって一緒に食べたことがある。

そのときぼくは色んなことを楽しそうに話をする人だと思った。
テレビでのハバさんは楽しそうに仕事をしていた。

ぼくは今まで仕事でいろんな人に会わせてもらった。

写真家、カメラマン、ライター、編集者、建築家、主夫、落語家、デザイナー、証券会社の人、代理店さん、医者、映画ディレクター、映画監督、ラーメン屋、うどん屋、そば屋、哲学者、大学教授、女優、男優、ミュージシャン、銀行員、漁師、農家、エステティシャン、ネイリスト、販売員、プータロー、旅人、美容師、コメディアン、料理家、ウイグルの人、留学生、ソムリエ、大家、小説家、翻訳家、コンサル、などなど。

ずっと、どんな仕事をするのが一番楽しいんだろうかと思っていた。

けど、きっと楽しい仕事なんか無くって、何をやってもつまんなそうにやる奴と楽しそうにやる奴がいるだけじゃないだろうか。

それは有名人も無名人も関係ないんじゃないだろうか。

ぼくは、楽しそうに生きている巨匠になりたい。
楽しそうに仕事する人と一緒だと、プラシーボ的にこっちまで楽しくなるしー。

んーー、最近また全巻読みしたハチクロの影響うけまくりだNE・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

愛のようなもの。

このところ、ブランド品を撮ったり鍋を撮ったり人を撮ったり色々なのだけど、対象とじっと向き合っているとだんだんそれがいとおしく思えてくる。

そんな時はいい写真が撮れる気がする。
愛は写真に写るんです。たぶん。

んー、愛って言葉はなんか違うような気もするが、まあそんなようなものです。


Img_1772

スカダンスという舞を踊るツネ様とクラケン。
この写真にゃ愛はありません。

さー明日もがんばろー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

撮影会。

Img_1662


最近なにやらやることがいっぱいあります。

ぼくはこの前、一緒に仕事をしているライターさんにカメラを売りました。
今日は前からその彼と約束していた撮影会withヤジ先輩。

自分の作品撮りもしつつ、ビールも飲みつつ。

Img_1671

10年くらい前の写真新世紀のグランプリであるヤジ先輩の教えを受けた彼は、きっとこれから立派な写真家に成長していくことでしょう。きっと。


Img_1680

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

ムネコリ。

Img_1914


医者に行ったら、あと一ヶ月くらいで走れるようになると言われました。

そして、いろいろなものの影響でテニス始めました。
ラケット買っちゃった。フェデラーモデル。

最近買ったものの中で一番嬉しい。
まだ運動できないから家でずっと素振りしています。

今日からぼくのことはムネコリと呼んで下さい。
4649!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

気になる。

Img_1430_2

今日は去年のミス日本の萩さんの撮影。
ぼくは会うの3回め。
記者さんは4〜5回めだったし彼女はものすごくいい人なので、だいぶアットホーム(?)な楽しい現場だった。

その後、打ち合わせまで3時間くらいあったので映画をみた。

容疑者Xの献身。
有楽町に行ったらなぜか1000円だった。
CMでみた落ち葉の風景がとてもきれいで、それだけみれればいいやと思って行ったのだけどとても素敵な映画だった。

映画が終わり、かるくウルウルしながら出ると、こんなのがあった。

Image185


チョー気になる。
2009年だって。
そういいえば2009ってもうすぐなんですねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

やっぱにてるらしい。

最近は某テレビ局で働く方と一緒に仕事をしている。

その人は本物を見たことがあって、やっぱりぼくは髭男爵のヒグチ君に似ているそうです。
どうりでこのところ道行く人が振り返ったりしていたわけだー。
せっかくだからモノマネ練習しようか。

明日はミス日本だー。
上野だから西洋美術館のハンマースホイ観に行こう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

あーわからん。

ぼくは自分や身近な人に印象的な出来事があると、筋トレの占いを見て予言されていたか確認をします。

時々恐ろしい精度で予言が当たります。
石井ゆかりさんはマジですごいです。

解釈の幅をバスンと超えている時がある。
たまたまか?
そこには何かがあるような気もしてくる。

どーゆーこっちゃー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

なべなべなべ。

今日も鍋の撮影。
明日もあさっても鍋。
お店の人がみんないい人で鍋もうまくて楽しい。
ちなみに今日はチュニジアとマレーシアの鍋。
世界のお弁当の続編、いい本になりそうだ。

ライティングの勉強した知識が経験になっていくのが楽しい。

撮影後、某雑誌の企画会議に参加させてもらった。
なんだか、みんな距離を測っているようなよそよそしさが漂っていて嫌だった。
終わってから行った中華料理の店の方が、よっぽど思っていることを言い合っているような気がした。

歯車がちょっとずれていることは間違いないと思う。
なんでだろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

ライギョは肺魚。

Img_0865

ヤジ先輩に手伝ってもらいながら、鍋の書籍の撮影をやっています。


Img_0882


今日はライギョを産まれて初めて食った。
ライギョは肺魚なので空気で呼吸できる、進化の過程で両生類の前にいた魚の仲間。たぶん。

蛇みたいな頭だった。
カッコいいので頭を持って帰ってきた。
ベランダで乾燥させよう。

Img_0871

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

秋の買い物。

Img_1901

先輩がニューカメラを買った。
なぜかこのご時世にブローニー。

でもとてもいいカメラ。レンズが素晴らしい。

それに影響されてってわけじゃないけど、最近いろいろ買った。
半分くらいはローン。


Img_1903


Img_1905


Img_1906

ここのところいろんなものが壊れた。
プリンタ、メガネ、足。

きっと新しいスタートの時期なんだろうと思うことにした。

そして今日、おそらく師匠のもとでの修行が一段落した。
ひと月前に比べて写真の技術的側面における理解はだいぶ進んだ。

これからその成果を使っていろいろやっていきたいと思う。
ありがたいことにそのチャンスもいくつかもらっている。

ぼくはあの師匠に出会えてよかった。
つないでくれたデザイナーさんにも感謝したい。

受けた恩は10倍返しだ!
ゲッツ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

オギャー。

Img_0606

友人に子が産まれた。

週に3〜4日は徹夜で麻雀やって、あげくのはてに家に自動雀卓を購入するようなナイスガイが人の親になった。不思議な気分。

ここ最近、友達が結婚したりパパになったりママになったり、で、なんだかおいてかれているような気分。

最近思うのは、しっかりとした大人になって子を育てるというよりも、子ができてなんだかんだでしっかりするんだなってこと。
大人は、ぼくが子供の頃思ってたより大人じゃない。
もしくは、ぼくの周りは少年の心を持ったオッサンばっかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復活。

Img_0313


骨折もだいぶ回復し、松葉杖も使わなくて大丈夫になってカメラマン業に復活いたしました。
復帰戦は竹林でロケ。

ぼくはチクリンって響きがなんとなく好きです。

ぞんぶんにとはいかないまでも、かなり歩き回れるようになった。
これで大概の仕事は大丈夫だ。


Img_0298


その後、銀座のニコンサロンへ鷲尾さんのオープニングに行った。
鷲尾さんは写真のイメージと違ってとてもやさしい人だった。

ぼくは写真家は怖い人っていうイメージがあるのだが、どうもそれはただの先入観みたいだ。

そして、最近ぼくは某芸人さんに似ているとよく言われます。


Img_0595

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

テスト。

Img_0047


今日はデザイナーさんの事務所にてライティングのテストをした。

自分で思っていたより対応がスラスラ出てきた。
修行の成果を実感。

こりゃあ師匠に感謝だ。
いずれ何か恩返しができるようにがんばろう。

順調順調。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

新しい傷。

Img_0001

今度撮影で使うのでこういうの買いました。
こんなものでも4万もします。

写真の機材はなんでもやたら高いです。
でもこれで一歩前進。そう思わないとやってられないです。

Img_0012

試しに使ってみようと、ざっくりライティングをやってみた。
9月に勉強した内容は少しずつぼくの血肉になっているようだ。たぶん。

だんだんと学ぶにつれ、自分の好みの光というものがどういうもんなんだか分ってきた。
一番大事なのは技術じゃなくてイメージだってことも分った。

写真の道はいろんな方向に分岐していて、あれもこれもは選びとれない。
けれど一つだけをすぐに決めなくちゃいけないってことでもなさそうだ。
あんまり早く決めると自分を狭めることになりそうだし。

それにしても光ってやつはなかなか思い通りになってくれないな。
あー、あの機材とあの機材が欲しい。
そうすりゃもっと光が・・・。


Img_0025

なんてことを考えていたわけじゃないんだけど、ライトの角度を変えたりしながらよっこいしょと座ったらケツに激痛が走った。

東京タワーが左のケツに刺さりました。

ギャー!と立ち上がると右足にまた激痛。

おそるおそる鏡を見ると、左ケツから流ケツ。

踏んだり蹴ったリだ。

ぎゃふん!


Img_0013

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »